理学療法士とは

更新履歴
ホームページのタイトル画像や各ページのテンプレートおよびレイアウトを変更中!
引き続き各ページのヘッダーの説明文を改訂しています。

用語・理学療法士の説明

理学療法士とは、物理療法を補助的に用いて、
運動療法と日常生活動作訓練の指導を中心とする専門職のことをいいます。
理学療法士及び作業療法士法で定められた国家資格(管轄は厚生労働省)です。
試験は3月上旬の2日間で1次(筆記)、2次(口述および実技)試験を実施される。
受験資格は大学受験資格を持ち、文部科学大臣が指定した学校、または厚生労働大臣が
指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識および
技能を修得した者だけになります。合格率は95%前後。

理学療法士は資格取得、医療機関では、PT(Physical Therapistの略称)と
呼ばれ、主にリハビリテーション関係で活躍しています。
専門学校では、現場で実習を経験しながら資格取得をめざすケースが多い。
医療機関では、診療報酬上、理学療法士の人数によって、保険収入の金額が変化します。
そのため、医療業界では、理学療法士の人数が不足しており、ニーズはますます高まっている。

「理学療法士」の掲載内容に誤りがある場合は、当「看護師 求人 コム」へご連絡下さい。