保健師とは

更新履歴
ホームページのタイトル画像や各ページのテンプレートおよびレイアウトを変更中!
引き続き各ページのヘッダーの説明文を改訂しています。

用語・保健師の説明

保健師とは、保健師助産師看護師法(以下、保助看法と記す)において、
「厚生大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」と定められており、看護大学や保健師養成校にて所定の教育を受けた後、保健師国家試験に合格して得られる国家資格(免許)である。
保健師は、主に自治体の保健所、保健センターに勤務する地域の保健師と
企業の産業保健スタッフとして勤務する産業保健師、大学等で学生と
教職員の心身の健康保持に努める学校保健師の3つに大別される。
保健師免許を得るためには、看護師国家試験に合格した上で、
所定の保健師養成課程(6ヶ月以上)を終了し保健師国家試験に合格する必要がある。
保健師の養成は、看護師の基礎教育修了者が入学し
保健師の専門教育を受けるいわゆる「保健師学校」と、
「保健師・看護師統合カリキュラム」を採用して4年間で看護師と保健師の受験資格を
同時に得るタイプがあり、後者の多くは看護大学であるが、一部には統合カリキュラムを採用する看護専門学校も存在する。

「保健師」の掲載内容に誤りがある場合は、当「看護師 求人 コム」へご連絡下さい。