職務経歴書の形式について

更新履歴
ホームページのタイトル画像や各ページのテンプレートおよびレイアウトを変更中!
引き続き各ページのヘッダーの説明文を改訂しています。

看護師にも役立つ職務経歴書の形式について

看護師にも役立つ職務経歴書の書き方のindex

職務経歴書の書き方 > 形式 > サンプル 例
基本 > 日付・氏名 > 要約 > 職務経歴 > 資格・スキル・特技 > 自己PR

応募書類の書き方 > 履歴書  職務経歴書  送付(添え)状  履歴書の封筒

職務経歴書の形式は特に決まっていません。基本的にフリー・フォーマットです。
しかし、職務経歴を効果的にアピールするキャリアに応じた記入方法があります。
年代式職務経歴書 逆年代式職務経歴書 職能別職務経歴書の3つの形式があります。

年代式職務経歴書
初めて就職した頃から現在まで年代を追っていく最も一般的な形式。
職歴が短い方、転職歴の少ない方に適してます。
職歴が短い方の場合、アルバイト経歴で熱意をアピールしたり、自己PR欄を活用しましょう。職務経歴の書き方自己PRの書き方も参考にして下さい。

逆年代式職務経歴書
現在から過去にさかのぼって書く形式です。
中高年や勤務年数の長い人、技術者、専門職の方に適してます。
最近の職務経歴や能力・実績などをアピールするのに有効なので、求人先が中途採用などを求めている場合に適してます。

職能別職務経歴書
時系列の経歴でなく、職務・職能務ごとに経験と実績をアピールする形式です。
転職回数の多い方や専門性の高い経歴を持った方に適しています。
転職回数が多くとも職務・職能務ごとに内容をまとめるので、転職回数が目立ちにくくなり、応募業種に関係する業務から記入していくと 良い印象を与えることができやすくなります。
人事担当者にとっても求職者の経験と能力の内容がわかりやすいといったメリットがあります。