職務経歴書の書き方について

更新履歴
ホームページのタイトル画像や各ページのテンプレートおよびレイアウトを変更中!
引き続き各ページのヘッダーの説明文を改訂しています。

看護師にも役立つ職務経歴書の書き方

看護師にも役立つ職務経歴書の書き方のindex

職務経歴書の書き方 > 形式 > サンプル 例
基本 > 日付・氏名 > 要約 > 職務経歴 > 資格・スキル・特技 > 自己PR

応募書類の書き方 > 履歴書  職務経歴書  送付(添え)状  履歴書の封筒

職務経歴書について

職務経歴
要約より1行ほど開けて右端に職務経歴と記入します。
要約と同様の大きさ・太さの文字にします

職務経歴内容
職歴は履歴書と同様の記述でなく、もっと具体的にアピールしましょう。
病院(会社)名を書く際は略さず、正式名称で記入しましょう。
病床数、従業員数・看護師数などの病院(施設)情報を掲載する。
所属部署、担当業務ごとの業務期間などを記入するようにしましょう。
役職に就いていれば役職名や部下の人数も記入しましょう。
業務内容や実績も具体的に数値などを入れると効果的です。
更に、担当患者さんの人数、チーム人数、担当業務回数などの数値を入れてもよいでしょう。
看護業務以外の仕事内容もピーアールになるので必ず記入します。
(多忙な業務内容であれば、あなたの能力の高さのアピールや暗に退社理由を理解してくれるかもしれません。また、そのように書きましょう。)

職歴が浅い場合
職歴が浅い場合は、社内研修や講習の内容を記入しアピールに繋げよう。
アルバイトなどでも、、例えば「OOOアルバイト勤務の際、新人教育担当」「OOOアルバイト従事している間、無遅刻無欠席」などとするのも1つの方法です。

注意点
職務経歴書やその他の応募書類で、病院(会社)名や在籍期間、所属部署などに違いがないように、しっかりと確認してください。

アピールできる経験や実績は詳しく強調して記入し、あまり関係のない経歴は簡潔に書く。

退社理由(病院では退職といいます)
職務経歴書に退職理由は、特に書く必要はありません。しかし、転職が続いた場合や退職後からのブランクがある場合などは、一言添えることが有効であることもあります。
一言添える場合は、履歴書・退社理由の書き方をご参考下さい。