履歴書は手書き、パソコン

更新履歴
ホームページのタイトル画像や各ページのテンプレートおよびレイアウトを変更中!
引き続き各ページのヘッダーの説明文を改訂しています。

履歴書の用紙について

履歴書の書き方のindex

履歴書の書き方 > 用紙 > 手書き? > 日付 > 氏名 > 印鑑 > 写真 >
住所・連絡先・電話 > 学歴 > 職歴 > 賞罰 > 資格・免許 > 健康状態 > 趣味・特技 >
志望動機 > 退社理由 > 性格(長所・短所) > 扶養家族 > 本人希望欄

応募書類の書き方 > 履歴書  職務経歴書  送付状(添え状)  履歴書の封筒

手書きかパソコンか
結論から言いますと履歴書は、手書きで書きましょう。履歴書は、手書きでと思っている採用担当者がまだまだいる現状を考えると手書きで書かざるえません。 当「看護師 求人 コム」では、手書きがいいのかパソコンで作成してもいいのか意見が分かれているうちは、手書きがよりベターでしょう。

手書きでアピール
あなたが、字が上手でなくとも手書き・楷書で、できるだけ丁寧な字で記入しましょう。
手書きをすることにより、あなたの熱意、誠意や人柄を伝えることになります。
履歴書は、あなたにとっては、自分をアピールする大事な用紙です。
求人先から履歴書をみると、あなたの経歴や人柄を知るための最も基本的な資料となります。読む側にとって、できるだけ読みやすくすることもアピールになります。

実際はパソコンでの作成も多い
しかし、最近はパソコンで作成された履歴書も増えているそうです。
履歴書は、「できれば手書きで」 または、「手書きでなくパソコンで作成なんてはありえない」という採用担当者はやはり随分いるそうです。
ところが、パソコンでの履歴書で実際に採用されている人は以外に多くいるようです。
また、パソコンを扱う仕事でしたら、パソコンで作成するだけで「その人はパソコンを基本的に扱えるスキルがある」という基準になると思います。 しかし、逆にあなたがパソコンでの履歴書で不採用になるような会社に入りたくないと思うなら、パソコンでの履歴書作成は良い判断材料になります。

筆記具
手書きなら筆記具が必要になります。黒いボールペンまたは万年筆で履歴書を書きしましょう。 鉛筆やシャープペンシルは使用しないでください。書き損じた場合でも、修正液で訂正してはいけません。新たに書き直しましょう。