看護師のための履歴書の資格・免許の書き方

更新履歴
ホームページのタイトル画像や各ページのテンプレートおよびレイアウトを変更中!
引き続き各ページのヘッダーの説明文を改訂しています。

履歴書の資格・免許について

履歴書の書き方のindex

履歴書の書き方 > 用紙 > 手書き? > 日付 > 氏名 > 印鑑 > 写真 >
住所・連絡先・電話 > 学歴 > 職歴 > 賞罰 > 資格・免許 > 健康状態 > 趣味・特技 >
志望動機 > 退社理由 > 性格(長所・短所) > 扶養家族 > 本人希望欄

応募書類の書き方 > 履歴書  職務経歴書  送付状(添え状)  履歴書の封筒

資格・免許の取得年月日も、日付けと同様の元号または西暦のいずれかに統一して履歴書に記入します。

もちろん、資格・免許の名称は省略せず正式名で履歴書に記入します。

免許は「取得」、資格は「合格」とします。

応募先の業種に関係するアピールしたい資格・免許を最初に書き、以下は取得した順に記入していきましょう。

資格・免許を書く際に「、持っている免許や資格はすべて記入した方が良いのか?」という疑問が多く聞かれます。
「すべて記入する方が良い、」  「いや、仕事に直接関係のない資格・免許は記入すると逆に常識を疑われる。」というように見解は分かれるようです。

看護師は、同じ資格を持つ人が多いため、あなたの積極性をアピールするために常識の範囲でなるべく記入した方が良いかと「看護師 求人 コム」の管理人は思います。

履歴書に書いてアピールになる資格・免許の例

ご参考までに。(一般業種)

アピールになる資格・免許の例
秘書検定3級 簿記検定3級 漢字検定3級

一般的には、秘書検定・ワープロ検定・簿記・英検・珠算などの検定試験によるものは、 2級以上を記載したほうが良いとあります。応募先の業種にもよるかもしれませんが、「ある機関のアンケート」によると 「秘書検定3級 簿記検定3級 漢字検定3級」は、記載してもアピールになりうるようです。

マイナスになる資格・免許の例
中学卒業程度のレベルの「英検3級」は、書くとマイナスになりそうです・・・。

最初に記入する資格・免許は、採用の際に最も重要視されると思われる資格
ーこの場合は、(例) 平成○○年 4月 看護師免許取得 ー にします。

それ以下は取得年順で良いと思います

資格の記入の仕方は、「実施団体」+「資格名」+「級」となります。
(資格例) 平成○○年 4月 (財)日本英語検定協会実用英語技術検定準2級

現在、取得に向けて勉強中のものも記入して、積極性をアピールしましょう。
(資格例) 現在、○○取得2級合格をめざし勉強中。・・・など。

資格の取得に至っていないが、一次試験だけ合格している場合はその旨を記入します。

また、最近の電子カルテも普及により、
PCのスキルなど、一見看護師とは無縁そうな資格もアピールになります。

自動車免許も記入します。しかし、「自動車免許」と略さず、
(免許例) 平成7年  9月 「普通自動車第一種運転免許取得」になります。

あまり知られていない資格の場合は、一言添えておくといいようです。

資格・免許について、面接官から質問があっても、答えられるようにしてください。