リクルートドクターズキャリアのQ&A

更新履歴
ホームページのタイトル画像や各ページのテンプレートおよびレイアウトを変更中!
引き続き各ページのヘッダーの説明文を改訂しています。

医師の求人・募集サイト、リクルートドクターズキャリアのQ&A


リクルートドクターズキャリアQ&A

Q1・・・転職支援サービスを利用するメリットは何ですか?
A1、ドクターに代わって専任のキャリアアドバイザーが、事前に情報収集を行い、勤務先の医療施設のご提案、条件交渉、面談調整、書類にての条件確認など、 様々なサービスを、無料でサポートします。ドクターのお名前、ご勤務先での転職の秘密など、個人が特定できる情報は固くお守りいたします。ご安心ください。
さらに実際の事例を交えて、そしてドクター個々人のキャリアやお人柄に合わせて、アドバイスをさせていただきます。 また、実際に面接にも同行させていただきますので、仕事内容以外の細かな条件は全てお任せください。 経験豊かなキャリアアドバイザーがドクターのキャリア・スキルそして市場相場を考慮して、年俸や給与、研究日や学会費用などを交渉します。 ドクターは、安心なされて先方と仕事内容についてじっくりお話しいただけます。

Q2・・・サービスの利用にあたって、費用はかかりますか?
A2、ご登録から病院紹介・ご就任に至るまで、求職されるドクターより弊社が費用を頂戴することは一切ございません。
また、秘密厳守にてお話しを進めて参りますので、どうぞご安心ください。

Q3・・・個人情報の管理は万全ですか?
A3、弊社では、個人情報の保護に努めてまいりましたが、さらなる個人情報保護の体制を確立するため、プライバシーマークを取得しております。 その一環として、「個人情報保護方針」を制定いたしております。これは、お客様の個人情報について、収集目的と収集後の運用と管理についてまとめたものです。
弊社のドクター紹介サービスや各種サービスにおいて収集した個人情報を、お客様のご了解なしに、第三者に開示することは一切ございません。 求人事業者(医療機関等)に対しても、弊社の「個人情報保護方針」をご説明させていただいた上で、当該サービスをご利用いただいております。 また、当サイトは、お客様に個人情報を入力していただく必要のあるページには、ベリサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、お客様の大切な個人情報の保護をしております。 ご入力いただいた情報は、暗号化処理をされた上で送受信されます。ご安心ください。

Q4・・・登録から採用決定までの流れはどうなっていますか?
A4. ご登録後は、
(1)ドクターへご希望条件等のヒアリング
(2)ご希望条件にあった病院・医療機関のご提案
(3)面談設定
(4)ご面談
(5)就任意志確認
(6)ご就任
となります。専任のキャリアアドバイザーがドクターの様々なご希望を伺いながら、真心を込めてサポートさせていただきますので、 不安な点などございましたら、どんなことでもどうぞお気軽にご相談ください。

Q5・・・キャリアアドバイザーとの面談は必要ですか?
A5、ドクターに最良のご提案をさせていただくためにも、可能でしたらキャリアアドバイザーと直接お会いいただき、お話を伺わせていただくのがベストです。 しかし、ご事情によってそれが困難な場合には、電話・ E-mail にて対応をさせていただくことも、もちろん可能です。)

Q6・・・今すぐの転職ではないのですが、情報収集という意味で登録しても構いませんか?
A6、もちろん結構です。ドクターの方々の事情は個々に違うものです。あらかじめ前もって登録をされた上、 専任のキャリアアドバイザーと共に、将来の目標のために転職についての計画を立てていただき、より良いタイミングを見つけていただけることのお力になれれば幸いです。

Q7・・・急な転職にも対応できますか? すぐに紹介してもらえますか?
A7、転職をご希望の場合は、約1年くらい前から計画的に転職活動を行うことがより望ましいのですが、急な状況の変化などにより、 想定外の転職も発生することも承知しております。このような状況でも担当のキャリアアドバイザーが、ドクターからご希望をしっかりとお聞きし、 豊富な求人登録情報より、ドクターのご希望に沿う転職先を迅速にお探しいたします。
お急ぎの場合、ご希望する勤務地域や仕事内容をできるだけ明確に伝えていただけますと、転職先が探しやすくなります。 ご注意点としましては、慌しい状況の中、給与や勤務地域にこだわりすぎてしまうと、勤務環境、中長期のキャリアアップなどの大事な要素を犠牲にしてしまうこともございますので、 ご自身のキャリアや将来の設計を十分踏まえ、できるだけ余裕をお持ちになって、お早目にご相談ください。

Q8・・・将来開業を前提とした転職でも、採用する病医院はありますか?
A8、個々の病院により異なるため一概には申し上げられませんが、開業希望のドクターを積極的に受け入れる病院もあれば、採用しない病院もあるのは事実です。
採用可否の基準は、そのドクターが独立開業された時に、病院にとって経営的にプラスに作用するのか、それともマイナスなのか、ということです。 一定の規模の病院であれば、入院診療を主力として、外来部門をできれば切り離していきたいと考えている場合があります。
※将来開業される医師でも積極的に採用する場合があります。逆に、外来診療を中心としている小規模な病院は、近くで開業されると困る、と考える施設もあります。 弊社の登録病院には、将来開業を目指す医師を積極的に採用している病院もございます。ケースは様々です。